東京電力「世界で最も環境破壊を行った企業」がブラックプラネット賞を受賞 - パソコン1台でネット副業の虎!マケドニア編


スポンサーサイト

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京電力「世界で最も環境破壊を行った企業」がブラックプラネット賞を受賞

スポンサードリンク

東京電力が日本だけでなく、地球を放射能汚染したとして、世界最悪企業No.1にノミネート されブラックプラネット賞を受賞することが決まった。

世界で最も環境破壊を行った企業に毎年「ブラックプラネット賞」を贈っているドイツの環境団体「エテコン」が25日、福島市で記者会見し、福島第1原発事故を理由に東京電力に昨年の賞を贈ると発表した。27日の株主総会で、黒く汚れた地球儀をトロフィーとして手渡す考えだ。
http://mainichi.jp/select/news/20120626k0000m040090000c.html

東京電力のブラックプラネット賞選考理由は

東京電力のブラックプラネット賞
アクセル・ケーラー・シュヌラ会長は会見で「東電は利益優先のため、原発に欠陥があるのを知りながら対策をしてこなかった。人災を起こした経営者、大株主、原子力ムラの人々みなに贈りたい」と選考理由を説明。会長らメンバー4人は東電株の保有者だが、東電側は「株主名簿に載っていない」と総会出席を拒んでいるという。

エテコンの同賞はこれまでに、メキシコ湾で原油流出事故を起こした英石油会社BPなどが「受賞」している。

東京電力のトップは天下りでバックレを決め込む

勝俣会長は事故後、一度も福島入りしないまま退任予定。すでに東電社長職を引責辞任した清水正孝前社長は、この日を待たず6月25日付で東電が筆頭株主であるAOCホールディングス傘下の富士石油社外取締役就任が発表されている。

関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://overseasexp.blog79.fc2.com/tb.php/38-2ec5eadd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。